上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 日本時間 早朝スプレッド拡大 ぶっ飛ばせ デイトレスイング 業者指定なし

≪スプレッドの広がりに左右されない≫ *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 日本時間の早朝スプレッド拡大を打倒せ! 【秘密の自動売買シリーズ第7段!】       FX24時間完全売買大和FX 詳しくはこちら http://p.tl/yxqx *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* ***************** 国内・海外のメタトレーダー業者なら どこでも自動売買できます。 ***************** 2010年12月2日~2011年8月1日実績 271日間で 305戦143勝162敗 期間利回り 1164.21% 2011年5月4日~2011年8月1日まで 88日間で 124戦54勝70敗 期間利回り 9.71% 私のFX自動売買シリーズはこれで第7弾です。 日本法人株式会社 トレーディングリブラ、 海外法人エドワード インベストメント  テクノロジー リミテッドと 会社は変わっていますが、 これらは、 税制の有利な 海外法人形態への移行の為です。 おそらく自動売買シリーズで 7作目を販売している会社はないはずです。 私が変な商品を販売していたら、 第7弾の商品を販売できるはずがありません。 なぜならそれは ”信用”が 商売で最も大切なものだからです。 詳しくはこちら http://p.tl/yxqx ***************** 自動売買システム選びにおける 絶対に確認すべき 最重要事項6箇条とは? ***************** このシステムは ユーロドル1通貨対応スイングトレード自動売買です。 自動売買システムを選ぶ上で、 確認しなくてはならない事があります。 私が選択した基準は以下の内容です。 1.システム販売後なるべく長い、   実際のトレード検証結果があること。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 検証期間は2011年5月から2011年8月です。 2.現在の成績がリアルタイムで見れること。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 下記のURLからご覧ください。 3.使いやすく、   わかりやすいシステムであること。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ このシステムは、 世界のFX取引の標準規格である、 Meta trader(メタトレーダー)で作動します。 4.スプレッドに左右されないこと。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ このシステムはユーロドルの通貨であり、 通常最もスプレッドが低い通貨であることと、 アジア時間の早朝の スプレッド拡大の影響を受けにくい、 スイングデイトレです。 5.なるべく取引回数が多いこと。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 1通貨で月に平均41回の取引となっています。 6. FX業者の指定が無いこと。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ yamato-fxでは メタトレーダーの使用業者であれば、 どこでも使用出来ます。 詳しくはこちら http://p.tl/yxqx ***************** なぜ今自動売買FXは デイトレのスイングトレードなのか? ***************** スイングトレードとは、 ある程度の利幅を狙う短期売買のこと。 期間としては 数日間にわたる短期売買のことです。 しかし、 世界情勢が変化の大きいこの時期、 数日間ポジションを持つことは リスクとなります。 それは、 せっかくの含み益も、 ニュースによって損失方向に行く場合も多く、 トレンドが生じにくいためです。 そこで新たなソフトが、 短期デイトレとなります。 これは、 スイングトレードとスキャルの 中間のようなトレードです。 これをスイングデイトレードと言います。 ある程度の損切りの幅を持たせ、 細かいノイズ(だまし)を避けながら、 大きなトレンドに乗る売買手法となります。 スイングデイトレード優位性は 大きくわけて、3つあります。 1.FXではトレンドに乗ることが重要ですが、   スイングデイトレードでは比較的   大きな利益を追うことができます。(平均 62.7pips) 2.スプレッドに左右されにくい。   スキャルピング系のソフトは、   取引回数も多く、   スプレッド1pipの差が   大きく勝率を左右しますが、   スイングデイトレードの場合は、   値幅が大きな為、   勝率には差が出にくいです。 3.2010年後半より、   スキャルソフトの多用により、   一部業者でアジア時間の   早朝のスプレッドが拡がり、   勝てない業者が続出しているためです。 この3つがスイングデイトレードの優位性です。 詳しくはこちら http://p.tl/yxqx
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する