上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格 ファイナンシャル・プランニング 2級技能検定 1ヵ月 ストレート合格

_/_/ 国家資格を1ヵ月で取得する!!_/_/ ▼△▼△▼△ ファイナンシャル・プランニング2級技能検定を 1ヵ月でストレート合格する方法!! たった1ヵ月の学習で、 学科85%・実技91%正解率を叩き出した究極の方法をあなたに教えます! http://p.tl/919M ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ 「それって裏ワザ?」 いいえ、裏ワザではありません。 試験対策の王道です。 では質問します。 短期間でストレート合格するためには、 何が必要だと思いますか? 答えは、 「正しい学習法を実践すること。」 ただそれだけです。 それも、最近の試験で 合格した人の学習法を再現することです。 この方法は、 非常にシンプルで取り組みやすく、 しかも合格の一番の近道です。 詳しくはこちら http://p.tl/919M ━━━━━・・・・・‥‥‥……… ■ FPの資格を取ると何ができるのか? ■ ━━━━━・・・・・‥‥‥……… FPとは、 「主に個人の資産管理・運用に関するもので、  顧客の様々な情報  (家族構成・収入・支出・資産・負債・貯蓄・保険)  を把握し、    顧客のニーズに基づいて生活  設計上の目標を達成するために、  投資計画・生活設計を行い、  あわせてその実行を援助すること」 と定義されています。 このように、 FPは非常に個人に身近な存在で、 サービスの領域が多岐に亘ることから、 将来性の高い注目の資格で、 あと数年もすると知名度がもっと高まり、 資格の重みが増すことが予想されます。 今は、 低金利と賃金も増えない状況のうえ 企業年金も確定拠出が増えてきたことで、 今や資産は自分の才覚で築く時代に なりつつあります。 この資格の将来性を考えると、 難易度の高い国家資格同様、 先々では、確実に難易度が高まると思われます。 詳しくはこちら http://p.tl/919M ━━━━━・・・・・‥‥‥……… ■ この資格は、 今が取得するチャンスなのです。 ■ ━━━━━・・・・・‥‥‥……… 【本試験までに取り組んだこと】 1.出題範囲と出題パターンを分析しレポート化   ⇒分析と作成に3日 2.過去問解説書を独自に作成   ⇒作成期間は2週間 3.過去問を徹底的につぶす   ⇒本試験までの2週間 私が実践したことは、たったの3つです。 たったこれだけのことで、 平成23年5月の FP2級技能検定は余裕で合格です。 (6月29日が試験結果発表) 正解率は次のとおりです。 学科試験 51÷60×100=85.0% 実技試験 61÷67×100≒91.0% これくらいは、 学習する時間があまり取れない方でも 3ヵ月もあれば十分に可能です。 ただし、試験の本質と効率的な学習法を 知っている場合においてです。 資格試験は合格できればいいのであり、 合格点に必要な 6割以上を正解するのが目標ですので、 合格のハードルは低いのです。 詳しくはこちら http://p.tl/919M ━━━━━・・・・・‥‥‥……… ■ 高得点を目指すのではなく   確実な合格を目指すことが第一歩 ■ ━━━━━・・・・・‥‥‥……… 過去、何の試験でもいいのですが、 問題を見て、 「あ、知ってる問題だ」と思って 解いた経験があるかと思います。 「あ、知ってる」を どうやって身につけたのか? 出題されそうな問題を、 問題集などで勉強して 身につけませんでしたか? 実は、これが合格の鍵を握っています。 ※問題を解く力を身につける最短距離は、 「過去に出た問題とその解答を覚える」ことです。 ※したがって、 受験生は次の2点を 取り組むだけで合格できます。 ●「出題が予測されるところ丸暗記して   事前に準備しておくこと」 ●「問題を見る⇒あっ、あれだ⇒答えはこうだ」・・・  このような条件反射のロジックを蓄える 試験には、 時間的・物理的制約があり、 この制約を超えるような 詳細で細かい知識は不要なのです。 詳しくはこちら http://p.tl/919M ━━━━━・・・・・‥‥‥……… ■ 合格点ぎりぎりでも合格は合格です。 ■ ━━━━━・・・・・‥‥‥……… この妥協が、実は効率的な学習を生み、 最高の試験対策なのです。 よく試験対策としてサブノートを作成したり、 キーワード帳を作成したりしますが、 この作業は、短期合格が遠のく弊害 でしかありません。      【超効率学習の3原則】    1.短期ストレート合格を目指す 2.サブノートやキーワード帳などは一切作らない 3.過去問を徹底的につぶす この効率学習の3原則を実践すると 時間活用の無駄がなくなり ↓ 集中力が格段に増し ↓ 過去問挑戦で時間配分が身につき ↓ 得点力アップが期待できます。 そのためには、 効率よく短期合格させることを 目的に作成された過去問解説書が必要です。 詳しくはこちら http://p.tl/919M
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する