上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットビジネス 安藤塾 無料動画 輸入ビジネス 24日安藤塾がTV放映

ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾 http://p.tl/k9pK 【24日に安藤塾がTVで放映されます】 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■テレビ放映に耐えられる信頼度とは何か? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは。安藤俊介です。 昨日は日本国民なら誰もが知っているテレビ局による取材が 安藤塾の無料説明会に入りました。 テーマは円高ということで個人でも輸入をする人が増えているので、 その実際のところを取材したいということでした。 昨日の無料説明会はほぼ満員だったのですが、その中から 顔を出しても大丈夫な方にインタビューなどもしていましたね。 いきなりびっくりですよね。無料説明会に行ったら、 まさかあのテレビ局からインタビューされるなんて。 放映日は24日(水)ですが、また詳細は改めて ご案内させていただきますね。 なぜ、安藤塾がテレビ局の取材を受けたのか? 気になる方もいらっしゃると思います。 取材のきっかけは突然一本の電話で始まりました。 その番組のディレクターの方が安藤塾事務局に 取材の申込みをしてきたのでした。 ディレクターの方も取材にあたり、JETRO、ミプロ といった公的な機関はもとより、安藤塾以外の輸入を 教えているようなところについても、 ありとあらゆるところをチェックしたそうです。 その中で安藤塾だけが、唯一、テレビ放映に耐えられる 信頼度だったということでした。 公的な機関はのぞくとして、個人に輸入ビジネスを 指導している組織はいくつかあるけれど、日中連絡して 連絡がスムーズにとれ、都心にセミナールーム、オフィス、 常勤スタッフがいるところは安藤塾以外、なかったとの ことです。 安藤塾は、一般財団法人日本輸入ビジネス協会(JIBA)が 運営しています。 最近流行りの一般社団法人と違って、財団法人の設立には お金がかかります。一般社団は基金(株式会社の資本金 みたいなもの)0円でも設立できますが、一般財団法人は 基金300万円以上、という制約があります。 これは財団法人の乱立を防ぐためです。 ところで、私は他のテレビ局の番組に出演していますが、 テレビ局って怪しいものを徹底して嫌います。 対象がマスですから、いかがわしいもの、裏のとれないもの、 実態のないものを非常に嫌うんですね。 そんな中で安藤塾を唯一信頼できるところと お墨付きをいただいたのはとても光栄ですし、嬉しいですね。 今まで以上に皆さんのご期待、信頼に応えられるよう スタッフみんな全力で塾生さんに向きあっていこうと 強く思いました。 さて、今日は輸入ビジネスのネットショップって 何店舗くらいを持つのが現実的なのですか? というご質問をよくいただくので、それについて書きます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■ショップは何店舗が現実的か? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私の長年の経験、過去の塾生の実績からすると、 一つのネットショップをつくって、月商50~80万円に するのはそんなに難しくないことがわかっています。 皆さんが輸入ビジネスで扱う商品は3~5万円くらいのもの中心ですよということは以前書きました。 また月商100万円の計算式を説明したときに、その商品が 毎日1個強売れば月商100万円になることも書きました。 粗利は3割が目安です。 ただ、実は1つのネットショップで月商50~80万円売り上げるのと、 1つのネットショップで月商100万円売り上げるのとの間には ちょっとした壁があります。 複数の店舗で月商100万円は容易なのですが、 1つの店舗で月商100万円は努力の質を変えないと いけないことがわかっています。 なかなか片手間仕事でそれを実現することは 難しいです。 ではどうすればいいか。 私がお薦めしている方法は、月商50万円~80万円程度の ショップを3、4つ維持していく方法です。 月商50万円であれば、3万円の商品が2日に1個プラスアルファ 売れればいいことになります。 それははっきり言って難易度は低いです。 皆さんがつくるショップでは150人~200人が訪問すると 1つの商品が売れることがデータでわかっています。 ということは、1つのショップに毎日70人~100人の人が 訪問するようにすればいいわけです。 今時、個人のブログでも毎日数十名は楽にアクセスを稼ぎます。 商売でやる皆さんのショップがそれ以上のアクセスを 稼げないことはないんですね。 なので1つのショップに毎日70~100人程度のお客さんに 来てもらい、2日に1個商品が売れればいいというレベルだと ハードルは低いです。でもこれで月商50万円くらいはいきます。 私はそれくらいのハードルの低いショップを 3、4つ維持しながら進めていくのが一番効率が良いと考えています。 確かに1つのショップで月商100万円、500万円というのは 達成感はありますが、個人レベルでの効率を考えると 決して良いものではないです。 また、リスク分散ということからも1つのショップに 売上を依存しすぎない方がいいんですね。 ショップには好不調の波は必ずあります。 1つのショップからしか売上があがっていないと、 そのショップが不調のときに収入が減ってしまいます。 一方でショップを3、4つもっていれば、全部が不調ということは まずありませんので、1年を通して収入の均衡化をすることが できるんです。 リスク分散ですね。 アフィリエイトをやって月に100万円とか稼いだことが ある人はこの意味がよくお分かりのことと思います。 どうやって輸入ビジネスで収入を得ていくのか、設計の仕方に よっては苦しくもなりますし、楽にもなります。 月商50~80万円のショップを3、4つ持つ。 これが輸入ビジネスで収入を効率良く得られる設計図と 考えてくださいね。 続きはこちら ⇒ http://123direct.info/tracking/af/384565/BMPU0FtS-kYA1a72C ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾 http://p.tl/k9pK
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する