上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株 IPO 香港 口座開設

************************ 日本株IPOではありえない超高確率当選を狙え! ************************ 日本全国の個人投資家の皆さんに重大ニュース。 今、巷でも話題沸騰中の中国株IPOに関する最新情報 と共に、中国株IPOで稼ぐための秘策をお届けします。 香港の証券会社も利用して、中国株IPOに少額資金 でも高確率で当選する方法! http://p.tl/Z8GH勿論、投資初心者やIPO未経験の方でも大丈夫です。 ●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━┳ ╋╋╋  バブルに沸く中国経済 ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━● 21世紀に入り、活況を極めている中国経済ですが、 その勢いは衰えるどころか、 バブル経済へと発展していきました。 2007年に入り、 GDP(国内総生産)においては、 購買力平均による換算では日本を抜いて 世界第2位にまで上昇しています。 そして2008年には 北京オリンピック、 2010年には上海万博というビッグイベントを控えて、 相乗効果に乗った各企業も急成長を続けており、 現在上場企業の時価総額ランキングで、 中国企業は世界トップ10に 5社もランクインするほどです。 そのような中、 日本人投資家も中国株への 関心が非常に高まっており、 現在では日本の証券会社でも、 中国株の取り扱いが非常に増えました。 そこで皆さんに、是非おススメしたいのが、 中国株IPO投資です。 詳しくはこちら http://p.tl/Z8GH ●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━┳ ╋╋╋  中国株IPOは、      日本株IPOにはない      おいしいメリットがあります。 ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━● メリット1. 公募割れ銘柄が少ない       日本と比較しても最近の成績は良好です。       日本のような急騰銘柄はありませんが、       初値が公募価格を割れる確率は、       日本株IPOが24%に対し、       中国株IPOは14%となっており、       最近の日本株IPOよりは高確率で       利益を獲得することができます。 メリット2. 当選確率を操作できる       複数口当選することにより、       日本と比べて比較的騰落率の低い       中国株IPOでも、       しっかりと利益を得ることができるのです。 メリット3. 一つの証券会社で、       ほとんどのIPOに申込める      中国株IPOに限っては、      香港の証券会社1社だけでも、      ほとんどのIPOに申込めます。      香港の証券会社といっても口座開設・維持は、      実は意外と簡単です。 詳しくはこちら http://p.tl/Z8GH ●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━┳ ╋╋╋  中国株IPOのデメリット ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━● では、客観的な目線から、 中国株IPOのデメリットもお伝えしておきます。 デメリット1. コストがかかる       本格的に中国株IPO投資を始めるには、       香港の証券会社に       口座を持たなくてはいけません デメリット2. 言語の問題       現地証券会社のサイトは、       ほとんどが英語       もしくは中国語表記となっております。       しかし、       必要最低限の取引・操作方法等の       ポイントを押さえておけば、       投資初心者または、中学生レベルの英語力でも       簡単にご利用できます。 詳しくはこちら http://p.tl/Z8GH ●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━┳ ╋╋╋  中国株IPOを実践してみよう ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━● 海外投資を始めるには、 色々な手間がかかって大変だと思っている方、 「小金持ちのための中国株IPO2」が、 最短ルートをエスコートします! まずは、中国株IPOからスタートしませんか? 今回のEBOOKはシリーズ2作目となりますが、 前作との大きな違いとしましては、 海外に出向くことなく 口座開設・取引ができる香港の証券会社 BOOM証券の実践マニュアルを加えました。 もちろん、前作でご紹介しました 証券会社に追加した形となりますので、 香港証券会社2社の口座開設・取引方法が手に入ります。 前回紹介しました証券会社は、 言語の問題を完全クリア、 全て日本語での取引が可能ですが、 現地での口座開設となってしまいますので、 この2社よりご希望の用途を選択してご利用されては いかがでしょうか? 詳しくはこちら http://p.tl/Z8GH
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する