上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大 記憶力 90日 向上プロジェクト 遠隔セミナー

どんな記憶術を使っても覚えられなかった・・・ 覚えられても、試験や仕事という本番で使い物に ならず結果を出せなかった方! 現代の試験事情にマッチした究極の現代版記憶術 を東大卒の男がお教え致します。 http://p.tl/XVFd ┏●・──────────────────┓ ┃/                  \┃ o○o  あなたはいつまで     苦労するつもりですか?     o○o ┃\                   /┃ ┗──────────────────・●┛ 僕には最初から すごい才能があったわけではありません。 それでも東大理〓に合格できたのは、 言ってしまえば 「現代の試験事情にマッチした  記憶法を身につけただけ」。 ただそれだけのことなのです。 実は…… 記憶術を使って覚えるだけでは、 複雑巧妙化している現代の試験には 対応し切れなくなっているのです。 その根拠となるのが、 覚えたことの「応用」が効かないために 実際の試験問題が解けない という人が多くなっている事実です したがって、 もはや記憶術だけを頼りにしていては、 今の試験には通用しない ということになります。 詳しくはこちら http://p.tl/XVFd ┏●・──────────────────┓ ┃/                  \┃ o○o  「記憶術」ではなく、      あえて「記憶法」といいます  o○o ┃\                   /┃ ┗──────────────────・●┛ 記憶法 = 記憶力 + 記憶術 つまり「記憶法」というのは、 各個人がそもそも持っている 「記憶力」で覚える その「記憶力」で対応し切れないところを 「記憶術」で覚える という二本立てによって、 必要なことを必要な分だけ、 必要な形で覚えていくという方法なのです。 言い換えれば、 なんでもかんでも記憶術で 覚えるというのではなく、 覚える目的や覚えたい内容に合わせて、 いくつかある覚え方を適材適所に用いて覚える。 これが僕の考える「記憶法」の定義です。 だからこそ、 記憶術だけで覚えるよりも“応用力”があり、 実際の試験が解ける確率が 断然高くなるわけなのです。 詳しくはこちら http://p.tl/XVFd ┏●・──────────────────┓ ┃/                  \┃ o○o  より具体的には・・・      o○o ┃\                   /┃ ┗──────────────────・●┛ 「記憶術」で覚えるというのは イメージできると思いますが、 「記憶力で覚える」ということは、 イメージしづらいかもしれません。 「記憶力で覚える」とは、 より具体的には、 次の2つの覚え方のことを言います。 ・意識を集中して覚える理解して覚える つまり、人は意識を集中すれば覚えられるし、 内容を理解すれば覚えられるのです。 もともとそういう能力を 持った生き物なのです。 年齢や性別に関係なく、 あなたの記憶力は 今からでも十分伸ばすことができます。 詳しくはこちら http://p.tl/XVFd
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する