上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早漏 夜の教科書 1594人 オーガズム

VSI早漏克服プログラム プロが教える1594人の実績の方法 ┏┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┌╂┘ ◇◆                       ◆◇ ┿┛  ◆◇  射精のタイミングを自由自在にコントロール  ◇◆  ┏┿     ◇◆                       ◆◇ ┌╂┘ ┗━━━━━━━━━━『イカす男の夜の教科書』━━━━━━━━━┿┛ ~ 一般的に言われる早漏の2つの原因 ~ ●亀頭の皮が薄く性的刺激に耐えられない ●ペニスの性感帯が敏感で刺激に弱い というのがよく言われる早漏の原因です。 ですから、今までは刺激に弱いペニスを鍛えるという 間違ったことに焦点を当てていました。 しかし、その一般的に言われる原因は本来の早漏の原因ではなく、 根本的な要因が別にありました。 本当の早漏の原因とは、、、脳が快感に溺れやすい という真の早漏の原因を聞かされました。 早漏克服のための注目すべきポイントは 脳が快感に耐えるリミッターが低いという問題です。 リミッターが低いということは、 少しの刺激で射精をしてしまうということです。 これが解消できればおのずと早漏は克服できます。 解決法はコチラ⇒ http://p.tl/926n ●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳ ╋╋╋       なぜ射精してしまうのか ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● いくら身体的に快感を感じても、 そのまますぐ射精するワケではありません。 射精は、身体だけでなく心理的な事柄が関係しているのです。 心理的興奮が極限まで高まったと判断した場合でなければ、 射精は起こりえません。 以前の私のように少しの快感でも心理的興奮が高まりやすいと、 直ぐに射精してしまいます。 脳が判断する射精までの快感リミッターを上げなければ 根本的な早漏克服は不可能です。 いくら亀頭を鍛えても、行為の最中に数を数えるなど違うことを考えても、 脳が興奮状態だと判断したら射精してしまいます。 早漏克服のポイントは脳にインプットされている 射精するまでの快感リミッターを上げることです。 いくら感じていないフリをしても、 脳にインプットされた快感リミッターを誤魔化すことは不可能です。 包茎手術をして、亀頭が摩擦に慣れるようになっても、 早漏が改善しないのは脳の快感リミッターによる要因です。 脳が判断する快感リミッターの上限を再設定しさえすれば それだけで早漏は克服可能なのです。   快感リミッターの再設定はコチラ ⇒ http://p.tl/926n ●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳ ╋╋╋  射精ポイントを再設定させるとはどういうことなのか? ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 早漏を克服するための具体的ポイントは、 2つの自律神経からなる“快感リミッッター”です。 脳の快感リミッターを上げるために重要な2つの自律神経とは、、、 ●交感神経副交感神経です。 ※ここで言う2つの自律神経とは人の心を形成するものの名称であって、  感覚器と脳を繋ぐ一般的な神経とは異なります。 脳を覚醒させる交感神経と、脳をリラックスさせる副交感神経のバランスで 射精をつかさどる快感リミッターはコントロールされます。 射精とどのような強い関係があるかというと、 副交感神経が強い時に男性は“勃起”をし、交感神経が強い時に“射精”をします。 この2つの自律神経(交感神経と副交感神経)は 片方が強い状態になると片方は弱まります。 早漏克服において重要なことは、 『交感神経が強く働いている時でないと射精はしない。』    ということです。 以前の私のような早漏の方とは、挿入する以前から交感神経が強くなり、 挿入した直後さらに強まり、あっと言う間に射精していたのです。 交感神経が強くなりやすく、少しの皮膚刺激で射精してしまうのが(早漏)原因です。 逆に副交感神経が強い状態を続けることができけば、 いくら強い皮膚刺激があり、快感があっても射精は起こりません。 射精の快感リミッターを上げるとは、 この2つの自律神経のバランスを設定し直すということです。 早漏改善の最短距離はコチラ ⇒ http://p.tl/926n ●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳ ╋╋╋    VSI早漏克服プログラムとは ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ●副交感神経の強い状態を長引かせる交感神経の活動開始ポイントを遅らせる この2点を行って頂きます。 自在にこの2点をコントロールすることできれば、 自由自在に射精タイミングを操つりあなたが性的快感を得つつも、 相手の女性に長時間の性的快楽を 与え続けることができる男になる方法です。 自由自在の射精コントロールはコチラ ⇒ http://p.tl/926n ●┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳ ╋╋╋        勃起状態をキープする方法 ┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 早漏コンプレックスが女性を一人占めする大きなチャンスです。 確かに早漏コンプレックスは克服する前までは 当事者でしか理解できない深い悩みです。 悩みを持っていない友人に相談しても解決法は期待出来ませんから、 常に一人で抱えなければいけない辛い悩みです。 早漏は恋愛に対しての大きな障害となります。 早漏であるがために、、、 ●男性としての自信 ●恋愛への恐怖心 ●SEXの話題になるだけで「この場から逃げたい」という感情 ●一生このままなのかという絶望感 という辛い想いを持ち続けなければいけません。 しかし、早漏克服の方法さえ知ってしまえば、 女性に最大の満足を与える限られた男性になることが出来るのです。 92人の女性への独自アンケートによると、 性行為から得る一番の満足感は適切な挿入時間だということが分かりました。 そして、男性に期待する挿入時間は 最低15分以上という方は89%をしめています。 更に、94%の女性が相手の男性が先にオーガズムに達してしまい、 性行為に不満を持っている状況であることが分かりました。 まさに早漏コンプレックスは 女性を独り占めするチャンスだと確信しています。 早漏コンプレックスがない男性は、 一生“挿入時間を延ばす”ということをしません。 ですから、女性にとって物足りない存在のまま終わってしまいます。 VSI早漏克服プログラムによって 射精タイミングをコントロール出来るようになり 、女性に「あなたでしか感じることが出来なくなった…。」 と言わせるチャンスを得るのです。 http://p.tl/926n
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する