上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早漏 トレーニング法 最新科学

MMB式早漏克服法 ★【 早漏お悩みレスキュー 】――――――――――――――★  早漏や、射精コントロールに悩む貴方に  射精のタイミングを自由自在に操る秘密をお教えします・・・ ★――――――――――――――【 早漏お悩みレスキュー 】★ いまだにあなたは早漏克服の方法なんてあるわけ ない。そういう風にお考えでしょうか?たしかに これまではその方法はないとされてきました。 しかし実は早漏克服の方法を公にすることは、 一種のタブーだったのです。 断言しましょう!早漏の原因はペニスでは ありません! http://p.tl/kF72 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■     早漏グッズが氾濫する理由 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ペニスが早漏の原因でないのであれば、なぜ巷 には早漏関連商品があふれているのでしょうか。 消費者もバカではありません。これらが間違い であるのであればすぐに淘汰されないとおかしい と思いませんか? なぜならこれらの商品、ある程度は「効く」の です。早漏防止コンドーム・スプレーの麻酔 包茎手術による刺激への慣れ、これらは実際に 効き目があると思います。 でも、それ以上に効果があるのはプラシーボ効果 なんです。プラシーボ(プラセボ)効果とは 薬効成分を含まないプラシーボ(偽薬)を薬 だと偽って投与された場合でも 患者の病状が良好に向かってしまうような治療 効果を言います。 昔から「病は気から」というように、人の意識や 気持ちの持ち方が疾患の治癒に影響が出ることが 分かっています。これはその典型的な例と言える でしょう。 とは言え、思い込みであっても実際に効果がある のですから問題ないと私は思います。速効性が あり、なおかつ実際に効果がある。実に結構な 事じゃないでしょうか。 たった一つの問題を除いては…それは、早漏防止 グッズをずっと使い続けなければ早漏は防止出来 ない、という事。 当たり前ですが、商品の力で早漏を防止出来て いるのですから、今後もこれを継続させるため には使い続ける必要がありますよね。 早漏防止グッズを使い続けなければ早漏は防止 出来ない。こういう風に言い換えても良いん じゃないでしょうか。 実際、早漏グッズを使って一時的な効果を得た人 はそれから先のセックスには必ずといっていい ほど早漏グッズを使用する、というデータが あります。 つまり…、一度使ったら手放せない、使わないと 不安になるといった状態に陥ってしまうんです。 これについては後で詳しくご説明していますが 実はあなたをより早漏克服から遠ざけている 行為だといえます。 http://p.tl/kF72 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■     380億円産業の真実とは… ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 早漏グッズを扱う企業にとってリピーターは とてもありがたい存在です。なぜなら、その 人間がセックスをする限り、自分の商品を 買い続けてくれるわけですから。 早漏関連商品が380億円規模にもなるのです これは大変な数字ですよね。 という事は、早漏関連商品を扱うそれら企業に とって「商品を使わない早漏克服方法」があった としても、それがもし公になれば死活問題に なるわけです。 今まで売れていたものがパッタリと売れなく なるのですから。だからこれまで彼らはそ のような情報の流出を監視し、圧力をかけて いました。 その結果「この世に早漏克服法は存在しない」 という常識が作り上げられてきてしまったのです あなたもエロ本を読んだ事、当然あると思います その本のの後ろの方に包茎手術の広告が載って いたのを覚えていませんか? 確か、タートルネックを頭まで被った男性の 写真がよく写っていたような(笑)。そういった 類の広告が沢山ありましたよね。 そしてそれら広告…実は出版社の利益の中で重要 な位置を占めているのがその広告収入なんです。 テレビやラジオ等、他のメディアにも言える事 ですが、全体に対しての広告収入の割合はかなり のものです。消費者よりも最優先な存在、と 言っても過言ではないかもしれません。 そんな大切な広告を掲載してくれる広告主に不利 な情報を雑誌に載せるのは出来ない。出来るはず はないですよね。 この結果、早漏防止の真実はずっと伏せられて いたのです。 しかし、インターネットの普及によってこの 真実が、徐々にですが公にされつつあります。 インターネットによって、断片的にではあります が早漏のメカニズムが知られてきたのです。 つい数年前まで、早漏の原因はペニスにあると 思われてきました。しかし、ここ数年では早漏の 原因は「脳」にあるということがもはや常識に なりつつあります。 「脳」にアプローチしない限り、早漏の根本的 な解決にはならないのです。 http://p.tl/kF72 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■     早漏を根本解決するために ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ わたくしたちは「早漏の原因が脳にある」という 前提で、早漏克服について研究し、その具体的な トレーニング法に関する研究を4年の歳月を投じ て行ってきました。 そしてこの開発に当たり、医学書をはじめ、研究 機関によるデータはもちろんのこと インターネットで販売されている早漏克服を テーマにしたマニュアルも全てと言ってよい ほど購入し、分析してきました。 それらの商材の中にはいまだに早漏の原因を ペニスだとしているものも見受けられます。 さすがにこれには呆れるばかりです。 また、早漏の原因が脳にあるという、わたくし達 と同じ観点からのマニュアルもいくつかありまし たが、残念ながら多くが最終的な解決法までに 至っていない、途上段階であると感じました。 多くの商材がいまだ画期的なトレーニング方法 を確立できていないのはなぜでしょうか? なぜなら、それらは一つの観点しか持ち合わせて いないからに他なりません。例えば心理カウン セラーの方がただ一人で執筆したものなどです。 私も、この早漏克服法の完成を通して心理カウン セラーの方とお仕事を一緒にさせていただき その仕事内容はとても奥の深い、そしてとても 専門的な知識の必要だと痛感しております。 しかしご存知のように、早漏の原因である「脳」 は、一つの視点からカバーできるほど単純なもの ではありません。 私たちの「脳」のシステムは、その視点だけで カバーできる領域をはるかに越えてしまって いるのです。 わたくしたちが皆さんにお教えする早漏克服法 は、多くの専門家の共同プロジェクトです。 各領域においてのスペシャリストを集め、その 方たちの知識や経験を総動員して作り上げて いったものなのです。 http://p.tl/kF72 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■    今すぐ必要!な方の為の付録付き ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 今日にでも実践できる早漏防止のための方法が 知りたいという方、本当に大変多いんです。 たしかに今日デートの約束がある方にとっては 一刻を争います。そのお気持ちは良く分かります しかしながら、わたくしたちが開発した早漏克服 法は申し訳ありませんが一日で効果が出るもの ではありません。 ですから、一時しのぎではあるものの即効性の ある早漏防止方法をご紹介した小冊子も付録と してお付けすることにいたしました。 もちろんこちらも専門家の皆さんによって監修 されたものです。 くどいようですがこの付録については、今すぐの 効果はありますが、根本的な解決にはなりません から、あくまで応急的に使っていただき、メイン 資料の方法で早漏を克服してくださいね。 http://p.tl/kF72
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する