上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【強力バージョンアップ】 『Brownie(ブラウニー)』 またまた進化しました! お宝 キーワード 発掘



今、ネットビジネス業界で急速に話題になっている
『Brownie(ブラウニー)』というツールをご存知ですか?
現在何と、現在26アクセスに1本売れています!
この『Brownie(ブラウニー)』がまたまたバージョンアップしましたよ!

今回の目玉は
・関連キーワード取得先の追加!
・分析の際に除外するドメインを設定可能に!
(YouTubeや楽天等、平均値を大きくぶれさせるドメインを
分析対象から外すことができます)
・検索ボリューム取得機能の強化
・ヘルプ機能の充実
・ショートカットキーの実装
などなど。

『Brownie(ブラウニー)』はこれからも
まだまだ進化していくツールです!

現状、バージョンアップは全て無償で対応中!
早く手に入れた人ほど、お得ということです。

ところで、
これほどまでに支持される、『Brownie(ブラウニー)』のイイトコロって
何なんでしょう?

そこで…
実際に使ってみて、「なるほど」と思いました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Brownie(ブラウニー)』のイイトコロ その1
実際に、人が手でやる「キーワード選定」とツールの動きが似ている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例えば、クッキー系アフィリの
楽天・Amazon・Yahooショッピング・ヤフオク・電脳卸など。

今売れている商品にダイレクトにアプローチするために、
テレビで紹介された商品に目を光らせたり、ランキングの情報を
取得したり。

また、
ASPアフィリエイト(物販等)を実践するなら、

1.主たるキーワードから関連キーワードを収集
2.関連キーワードの検索予測回数を収集
3.PPC広告の状況を収集
4.検索予測回数・PPC広告状況をチェックし、需要が見込めるキーワードをピックアップ
5.ピックアップしたキーワードのライバルサイト分析を上位10個程度チェックして
勝負になるかどうか判断

もし、自分がキーワード選定を手でやるなら、
こんな流れで様々なWebサイトにアクセスしてデータを集めますね。

『Brownie(ブラウニー)』は、正にこのような作業を流れに沿って、
まるで自分の手でやるような手順で情報を集めてくれるんです。

>>http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46494

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Brownie(ブラウニー)』のイイトコロ その2
これは人間業ではムリ!と思わせてくれる!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『Brownie(ブラウニー)』がお宝キーワードの基を集めてきてくれる、
「ネタ元キーワード」の取得先です…
http://www.spiral-up.net/brownie/special/img/chart/chart_program1-001-1.png


これだけのサイトから手作業でキーワード取得をやろうと思いますか?
私にはムリ^^;

もし手でやったら一体どれだけ時間がかかるでしょう?

つまり、
・手でやろうとしたらかなりの確率で心が折れる
・『Brownie(ブラウニー)』を持ってなければここまでやらない

なんですね^^

だから、ライバルに勝つ為の情報が集まる訳です。
相手は持っていないんですから。

このような
想像しただけでイヤになるほどの作業を、『Brownie(ブラウニー)』は
ボタン一つであっという間にこなしてくれるところがすごいんですね!

>>http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46494

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Brownie(ブラウニー)』のイイトコロ その3
これまでのキーワードツールだけではカバーしきれない関連ワードを
大量に取得してくれる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


良くあるキーワードツールは、もちろん関連キーワードを取得してきてくれます。
ただ…
通常のツールの場合、『関連ワード=検索候補』
『誰かが一定数検索したキーワード』というデータがある場合に、
Yahoo!関連ワードやGoogleサジェストなどからデータを引っ張ってきます。

これだけだと、「新しいキーワード」に対して対応できない場合があるんですね。
「関連キーワードはありません」って。

この『Brownie(ブラウニー)』は『関連ワード取得先』がとても豊富なので
そんなことはないんです!

特定の検索エンジンで検索された候補などから情報を取得するだけではなく、
様々なネタ元から情報を取得可能なため、『普通の感覚では予想不能な関連ワード』も
一杯拾ってきます。

つまり、『誰も気づいていない未開の地=お宝キーワード』が眠ってる可能性が
本当にあるんです!!

>>http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46494

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Brownie(ブラウニー)』のイイトコロ その4
上手く使えば、未来予想が可能になる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さっきの話と関連しますが、
Yahoo!関連ワードやGoogleサジェストなどからデータを取る場合、
これは一定期間に検索があったものが引っ張られます。
つまり、『すでに話題になった後』のものです。

『Brownie(ブラウニー)』は関連キーワードとして、連想ワード等も
引っ張ってきますから、上手く使えば、「これからくる」キーワードを
見つけることもできるんです。


・メインキーワードに関係するキーワードを豊富な情報取得元から集められる
・引っ張ってきたキーワードを詳細に調査して、「これからくる」キーワードを
見つけることもできる

本来キーワード選定でやりたいことって、こうですよね?

>>http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46494

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Brownie(ブラウニー)』のイイトコロ その5
安定してデータが取れる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


キーワード調査をする場合、その作業の性格として、どうしても
膨大な数の検索要求などを情報提供元のサイトにアクセスして
行いますよね。

あんまり頻繁にアクセスしすぎると嫌われたりします。

『Brownie(ブラウニー)』は、この情報を取りに行く動作の設定を、
状況に合わせてユーザー側で制御する事ができます。

・2分連続でデータを取ったら、2分休む
・同じサイトには1分間に●●回以上はアクセスしない
・1回ごとのアクセスについて、●●秒ずつ間を空ける

などなど。

これって外部サイトからツールで情報を取得する際に非常に重要なんです。
相手のサイトはみんなが使うもの。
過度の負荷を与えたりして、周りに迷惑をかけるのは良くありません。

短時間で少しのキーワードを調査したい時には、連続運転で
ズバッと終わらせることもできますし、大量のデータを解析する時には
推奨の動作設定で…

・ツールを継続的に実践活用していくユーザーのため(アクセス拒否をされたりしない様に)
・データを提供してくれている情報取得先のサイトのため(過度に負荷がかからない様に)

両方に配慮があるため、『Brownie(ブラウニー)』は類似ツールに比べて
圧倒的に安定してデータが取れるんです。

これはデカいですね^^

>>http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46494

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Brownie(ブラウニー)』であなたのネットビジネスへの
取り組みは大きく変わるでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●変わるポイント1:無駄なサイト量産をしなくて済むようになる
「稼げるニッチなキーワード」さえ見つかれば、あとは適切なコンテンツを作るだけ。
機械的な量産など必要ありません。
つまり【「稼げるニッチなキーワード」さえ見つかれば、
圧倒的に少ない作業量で稼げる】 ということです。
Spiral-up Projectが誇る、『GASATTOシリーズ』や、
その他のツールを組み合わせれば、その効果は
恐るべきスピードで現れていくでしょう。

●変わるポイント2:SEO対策に悩む必要もなくなる
「稼げるニッチなキーワード」は、特にSEO対策が必要のない
キーワードであることが多いのです。
もちろん、SEO対策をきちんと施しておくに越したことはありませんが、
強力なライバル達を相手取り、膨大なSEO対策の作業に苦心することは
なくなるでしょう。

●変わるポイント3:少ないアクセスでも、しっかりと成果を出すことができるようになる
キーワードから顧客のニーズを洗い出し、適切なコンテンツを返すことが
成果を出すための大原則です。
あなたは、『Brownie(ブラウニー)』を駆使し、
・アクセスが見込める
・ニーズをキャッチして適切なコンテンツを返すことができる
という、「稼げるニッチなキーワード」に絞ってコンテンツ作成を
行えるわけですから、少ないアクセスからでも高い効果を出すことが
できるようになるのです。

>>http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46494


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する