上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【必見】 圧巻! でたぞー ”勝てる” インジケーター “逆転FX” 「Pips Getter」



このインジ、驚愕のパフォーマンスです【必見です】


↓↓↓“逆転FX”「Pips Getter」↓↓↓

http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=48865



実際の詳細なパフォーマンスは?

この「Pips Getter」は外出先でもメールでシグナルの内容を
リアルタイムに把握することができます。


ですので、下記のようにメールに履歴が残ります。

つまり、このパフォーマンスには客観性が確保されている
ということでさっそく見てください。

2月9日を例にとってみますが、少し下に長くなり、
スクロールしないといけませんがお許しを・・・


(2/9の例)
2012.02.09 00:10:05 EURUSD M5 1.32579 Buy Entry Sign
2012.02.09 01:05:00 EURUSD M5 1.32398 Buy Close Sign -18.1pips
2012.02.09 01:30:00 EURUSD M5 1.32392 Sell Entry Sign
2012.02.09 02:30:00 EURUSD M5 1.32374 Sell Close Sign +1.8pips
2012.02.09 03:40:00 EURUSD M5 1.32399 Sell Entry Sign
2012.02.09 03:55:00 EURUSD M5 1.32453 Sell Close Sign -5.4pips
2012.02.09 05:15:00 EURUSD M5 1.32579 Buy Entry Sign
2012.02.09 05:35:00 EURUSD M5 1.32631 Buy Close Sign +5.2pips
2012.02.09 06:00:01 EURUSD M5 1.32510 Buy Entry Sign
2012.02.09 06:40:00 EURUSD M5 1.32675 Buy Close Sign +16.5pips
2012.02.09 07:20:00 EURUSD M5 1.32699 Buy Entry Sign
2012.02.09 07:35:00 EURUSD M5 1.32772 Buy Close Sign +7.3pips
2012.02.09 07:50:00 EURUSD M5 1.32733 Buy Entry Sign
2012.02.09 08:05:00 EURUSD M5 1.32929 Buy Close Sign +19.6pips
2012.02.09 08:30:00 EURUSD M5 1.32968 Buy Entry Sign
2012.02.09 08:40:01 EURUSD M5 1.33069 Buy Close Sign +10.1pips
2012.02.09 08:50:06 EURUSD M5 1.33005 Buy Entry Sign
2012.02.09 10:15:00 EURUSD M5 1.32810 Buy Close Sign -19.5pips
2012.02.09 10:30:00 EURUSD M5 1.32883 Sell Entry Sign
2012.02.09 11:00:00 EURUSD M5 1.32958 Sell Close Sign -7.5pips
2012.02.09 11:45:00 EURUSD M5 1.32935 Sell Entry Sign
2012.02.09 11:55:00 EURUSD M5 1.32784 Sell Close Sign +15.1pips
2012.02.09 12:15:00 EURUSD M5 1.32817 Sell Entry Sign
2012.02.09 12:45:00 EURUSD M5 1.32698 Sell Close Sign +11.6pips
2012.02.09 13:00:00 EURUSD M5 1.32778 Sell Entry Sign
2012.02.09 13:35:00 EURUSD M5 1.32703 Sell Close Sign +7.5pips
2012.02.09 14:45:01 EURUSD M5 1.32465 Sell Entry Sign
2012.02.09 15:05:00 EURUSD M5 1.32460 Sell Close Sign +0.5pips
2012.02.09 15:15:00 EURUSD M5 1.32861 Sell Entry Sign
2012.02.09 15:20:00 EURUSD M5 1.32907 Sell Close Sign -4.6pips
2012.02.09 15:35:00 EURUSD M5 1.32606 Buy Entry Sign
2012.02.09 16:20:00 EURUSD M5 1.32981 Buy Close Sign +37.5pips
2012.02.09 16:40:00 EURUSD M5 1.32820 Buy Entry Sign
2012.02.09 16:55:00 EURUSD M5 1.33059 Buy Close Sign +23.9pips
2012.02.09 17:10:00 EURUSD M5 1.32931 Buy Entry Sign
2012.02.09 18:00:00 EURUSD M5 1.33027 Buy Close Sign +9.6pips
2012.02.09 18:35:02 EURUSD M5 1.32922 Buy Entry Sign
2012.02.09 18:55:01 EURUSD M5 1.32955 Buy Close Sign +3.3pips
2012.02.09 19:20:00 EURUSD M5 1.32938 Buy Entry Sign
2012.02.09 19:50:01 EURUSD M5 1.32917 Buy Close Sign -2.1pips
2012.02.09 19:55:01 EURUSD M5 1.32858 Buy Entry Sign
2012.02.09 20:05:00 EURUSD M5 1.32956 Buy Close Sign +9.8pips
2012.02.09 20:15:02 EURUSD M5 1.32856 Buy Entry Sign
2012.02.09 20:30:01 EURUSD M5 1.32916 Buy Close Sign +6.0pips
2012.02.09 20:45:00 EURUSD M5 1.32836 Buy Entry Sign
2012.02.09 21:30:02 EURUSD M5 1.32907 Buy Close Sign +7.1pips
2012.02.09 21:55:01 EURUSD M5 1.32898 Buy Entry Sign
2012.02.09 23:25:02 EURUSD M5 1.32857 Buy Close Sign -4.1pips


2月9日では24回のトレードで合計131.1pips獲得
ということになります。



ここで開発者 株式会社Uシステムの内田氏による、
2月9日の「Pips Getter」パフォーマンスについての
解説を載せておきます。


少し長文ですが、3分ほどお付き合いして頂ければ
うれしいです。


ー内田氏の解説ーここから

仮に0.7pipsブローカーでシグナル通りトレードを行うと、
理論上は114.3pips獲得した計算となります。

ほぼ一貫して右肩上がりの収支曲線を描き続けていて、
スプレッドを考慮せず集計すると約1700pipsを
獲得しています。


現実にはブローカーのスプレッド分を差し引く必要が
ありますので、例えばEURUSDが0.7pipsのブローカーで
使用したとすると、42営業日で1000pipsを越えている
ことになります。


この期間はご存じの通り、ヨーロッパ諸国の財政問題に
より大荒れな相場が現在でも継続しており、EURUSDの
値動きは、毎日のようにテクニカルを無視したような急反発、
急落を演じています。

通常、このような大荒れ相場でテクニカルトレードは
ドローダウンを喰らってしまうのですが、「Pips Getter」は
お構いなしにコンスタントに利益をあげ続けています。


なぜ、このような大荒れ相場でも勝ち続けることが
できるのでしょうか?


それは「Pips Getter」が揉み合い相場にも強く、
トレンド相場にも強いからです。


この揉み合い相場とトレンド相場は、
テクニカルトレードでは相反する相場でして、
どちらも得意な売買ロジックを組むことは至難の業なのです。
理論上はあり得ないと言った方が良いかもしれません。


ただし、「Pips Getter」は唯一苦手とする値動きが
存在します。

それは、トレンドが継続しているところから、
急激に相場が反転する時です。


大口投資家の利益確定などもそうですが、特に、アメリカの
雇用統計やFOMC、為替介入、要人の発言などテクニカル
要因でない値動きで負ける傾向にあります。


◆時間毎の分析グラフURL 
http://fxtradeproject.com/pipsgetter/eurusd5mtime.html

このグラフは、12/20~2/15までの時間毎の収益グラフです。
横軸は日本時間です。


アジア時間では値動きが小さいですので、
思うようにロジックが機能しないようです。

しかし、欧州前場からアメリカ前場までの時間帯(16~23時頃)
にパフォーマンスが伸びる傾向にあります。


これは相場参加者が多くなり、トレンドが発生しやすく
なるからです。

大きく切り返す相場もたまにありますが、
トレンドが発生すると多い時には7、8回勝ちが続くことも
あります。


その後に切り返して少々大きめに負けることがあっても、
トータルでは十分なプラスとなるのです。


一方、アメリカ時間の後場にはやや収益が落ちることに
なります。


これはアメリカのFRBなどの要人発言やアメリカ時間特有の
リバース相場が影響しているかもしれません。



この結果から、「Pips Getter」は日本時間の夕方から
アメリカ時間早朝まで(日本時間午後4時~午後11時頃)の
時間帯が最も効率よく利益をあげられるタイミングとなります。


この時間帯だけに絞ってトレードを行うことで、
少ない労力で資産を大きく増やすことが可能となるのです。


これはEURUSDの5分足の例でして、これ以外にももっと
スプレッドが狭いUSDJPYや比較的値動きが激しいGBPJPY
でもお使いいただくことができます。


GBPJPYなどでは通常はスプレッドが広いブローカーばかり
ですが、一部には全通貨ペアで1pipを提示しているブローカーも
あるようです。


このようなブローカーですと圧倒的なパフォーマンスが得られる
可能性もあります。

バックテストでパフォーマンスが裏付けられていますので、
安心してお使いいただけると思います。


個人的な意見としましては、EURUSDの5分足だけで十分な
パフォーマンスが出ますので、これだけで勝負されて良いかと
思います。


現実的に言いますと手動トレードが基本となりますので、
別の通貨ペアと併用して使用することは無理がありそうです。


ただ、同じ通貨ペアでも時間足を変えて併用してトレードする
ことは十分可能だと思います。

いろいろなご利用方法があると思いますので、それぞれ
工夫していただきたいと思います。


また「Pips Getter」はMetaTrader4を無料使用できるデモ口座で
稼動させることができますので、MetaTrader4にリアル口座を
保有していない、また扱ったことがないという方にも問題なく
お使いいただけます。


現在、急ピッチにPDFファイルでの設定マニュアル以外に、
セットアップ関連の動画もご用意しています。


ご購入頂いた全ての方々に、ごく簡単にご利用頂けるように
準備しておりますので、是非、この機会にご購入頂きたいと
思っています。

http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=48865

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【【必見】 圧巻! でたぞー ”勝てる” インジケーター “逆転FX” 「Pips Getter」】

このインジ、驚愕のパフォーマンスです【必見です】↓↓↓“逆転FX”「PipsGetter」↓↓↓http://infotop.jp/cl内容をリアルタイムに把握することができます。ですので、下記のようにメールに履歴が残ります。つまり、このパフとでさっそく見てください。2月9日を例にとっ...