上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【無料動画プレゼント】 ユダヤ 華僑も 逃げ出す 印僑の教え

http://www.star-interview.com/trillion.php?afid=500493 ミッション:インポッシブルの最新作である ゴースト・プロトコルが上映されてますね。 地球一高い建物である「ブルジュ・ハリファ」 からの迫力あるダイブ映像が見物です。 さて、この建造物の高さをご存知でしょうか? 何と、高さ「828m」もあるのです。 アラブ首長国連邦ドバイにあり160階建てで、 建設期間6年、建設費は1,500億円という代物です。 ただ、828mと言われてもピンときませんよね。 東京タワーで332.6m、スカイツリーで634m ですから、その大きさは想像以上です。 さて、このブルジュ・ハリファを建設したドバイの アラブテックと共に、インド版ブルジュ・ハリファの 建設を指揮する1人のインド人がいます。 「なぜ、貧しいインドに?」 と思われるかもしれませんが、いまや インドは日経ビジネスで「伸び行く世界都市100」で 第一位、第二位に選ばれているのです。 しかも、最新のフォーブス世界長者番付・ 億万長者ランキングではトップ10に2人も ランクインしてる事実があります。 日本人のトップは泣く子も黙る孫正義さんですが、 それでも世界ランキング113位で、 いまやトップ100には日本人は1人もいないのです。 「ターバンとカレーの国、India」 としか認識がないのであれば危険です。 インド財閥のことを「印僑」と呼びますが 印僑は他の二大財閥、華僑、ユダヤまでも 逃げ出すと言われるくらい口達者、商売上手です。 ただこれまで裏事情によりインドの情報は 日本にはひた隠しにされてきた事実があります。 今回、その印僑財閥に代々受け継がれていたが、 日本人が目にすることができなかった、 印僑の教え「ジュガール」の秘密を、 ブルジュ・ハリファを建設し、名実ともに 世界一の建築会社がパートナーに指名し、 インド版ブルジュ・ハリファ建設の陣頭指揮を取る インド不動産業で成長率No.1、 ラヘージャ・デベロッパーズの 「ナヴィン・ラヘージャ会長」無一文、片言の日本語しか話せないのに 無謀にも日本に来日し「ジュガール」を 使うことで今やカンブリア宮殿に出演し、 時給70万円まで稼ぐようになれた 「サチン・チョードリー氏」とが 印僑の教えについての緊急対談が実現しました。 滅多に見れる機会がないので、かなりお勧めです。 期間限定での公開なので今すぐ確認して下さい。 http://www.star-interview.com/trillion.php?afid=500493 追伸: 異国にはおれは興味ないぜ!という方も 「時給70万円、謎に包まれた職業の正体」 だけでも確認されることをお勧めします…   
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する