上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【荒木式】 うつ病 克服プログラム 他の精神疾患にも 非常に有効



今日は、現在公開中の以下の商品に関して
お知らせがあります。


■『【荒木式】うつ病克服プログラム』

・うつ病患者さん本人向けのセールスレター
 http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46266

・うつ病患者さんのご家族向けのセールスレター
 http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46267

販売価格:14,700円(ダウンロード版)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



こちらの商品は、そのタイトル通り、
「うつ病」を克服する方法をまとめた商品となっておりますが、
実は、このうつ病克服法は以下の精神疾患にも非常に有効です。


・躁うつ病
・パニック障害
・拒食症
・過食症
・自律神経失調症
・不安障害
・脅迫障害
・統合失調症
・恐怖症
・睡眠障害


これらの精神疾患は、現代社会において非常に多くみられ
年々増え続けている疾患です。


最近、お客様からも、

「私は、うつ病ではなく躁うつ病なのですが、効果はありますか?」

「パニック障害にも効果はありますか?」

「夜眠れないのですが…」

というようなお問い合わせが日に日に増えてきております。


■『【荒木式】うつ病克服プログラム』

・うつ病患者さん本人向けのセールスレター
 http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46266

・うつ病患者さんのご家族向けのセールスレター
 http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=46267



スポンサーサイト

統合失調症と 共に歩む会 薬に頼らずに 改善する方法



統合失調症は50人~100に1人の割合で発症するといわれ

風邪と同じくらいの確率で発病しています。


あなたが信じられるかどうかは関係なく、

統合失調症を薬物に頼らず改善することができる

革新的な方法というのは存在します。


1人で2つものノ-ベル賞を受賞したアメリカの偉大な博士の

知恵をいかした手法です。


この方法はアメリカ、カナダをはじめ多くの地域で支持されています。

そしてそれはすぐにでも始められる簡単な方法なのです。


しかも一時的に症状を押さえ込むだけの対処法ではなく

根本的な改善を目指す方法です。


今この病気で苦しんでおられる方々に

少しでもお役に立てれば幸いです。


http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=35982


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご意見、ご質問などございましたら下記までお気軽に
ご連絡お願い申し上げます。         感謝


お問い合わせ
 
【統合失調症と共に歩む会】
担当 長根山
naganeyama@gmail.com



88.8%の 緑内障患者が 改善! 当然 眼圧高 視野狭窄などの 症状も 正常に戻ります。

******************************************* 0.01以下だった視力は0.5まで回復! ******************************************* 2時間という短期間のセミナーの中で88.8%の方が その場で視力が向上した方法を公開!! 実は、薬や手術に頼ることなく緑内障を 改善する事は可能です。 http://infotop.jp/click.php?aid=195201&iid=44872 「失明したくない」「眼圧が下がらない」と 緑内障でお悩みを解消致します…

うつ病患者さん ご家族 ご友人へ うつ病患者さんの気持ちを 理解してあげてください

うつ病で苦しんでいるあなたのご家族やご友人や お仲間は、その周りにいるあなたの助けを必要と しています。 うつ病患者さんは、その病気の特性上、なかなか 自分のことをうまくあなたに伝えることができ ません。 一見普通に見えるかもしれませんが、実は、内面 に計り知れない程の苦しみや不安や悩みを抱えて います。本人が、一番強く、その状況から抜け 出したいと思っています。 でも、自分ではどうすることもできずに、たった 一人でもがき苦しんでいるのです。 きっとあなたも、うつ病で苦しんでいるご家族 ご友人、お仲間を見て、こころを痛めていると 思います。あなた自身も辛い思いをされている かもしれません。 でも、うつ病は、必ず治すことのできる病気 ですので、どうか希望をもってこの先をお読み 頂ければと思います。 今から、どうすればうつ病を根本的に克服する ことができるのかを具体的にお話していきます http://www.infocart.jp/e/52177/151206/ ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       このような悩みをお持ちではありませんか? ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★  ● 毎日が憂うつで何もやる気が起こらない  ● すぐに自分を責めてしまう  ● 出来事をすべてネガティブにとらえて    しまう  ● 夜は眠れないし朝は起きられない、逆に    寝すぎてしまうこともある  ● 歯磨きや入浴など日常の簡単なことも    できない  ● 拒食症・過食症やパニック障害などにも    悩んでいる  ● 頭がボーとして重たく、思考力、判断力    集中力が低下している  ● 薬を飲んでも一向にうつが良くならない。    それどころか薬の量がどんどん増えていく  ● いろいろな心理療法を試したけど、全く    改善しない  ● カウンセリングに通えば通うほど自信を    失くしてうつが悪化する  ● 家族にも誰にも話を聞いてもらえないし    理解してもらえない  ● 世間で何が起きているのか分からないし    興味も持てない  ● 人と会ったりコミュニケーションをとる    のが億劫でしょうがない  ● このまま一生うつが治らないんじゃないか    とものすごく不安になる  ● ふと死にたくなることがある  ● また再発するんじゃないかと心配になる もしあなたが、例え、上記の項目の複数に当て はまっていたとしても、 どうか心配しないで ください。 上記の症状は、うつ病という病気がさせている ことです。悪いのは病気であって、決して あなたが悪いわけではありません。 病気が良くなれば、上記の症状はすべてきれいに 解消されますし、その方法はコチラで知ることが できます。 http://www.infocart.jp/e/52177/151206/ ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━           うつ病は心の病気?? ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★ 一般的にうつ病は、『こころ』の病気だと言わ れています。しかし、私たちの体は、体を支える 骨と筋肉以外は 『脳』と『内臓』からできて います。 私たちの体に、『こころ』とか『精神』という 箇所は存在しません。 もし、『こころ』や『精神』というものが存在 するとすれば、それは、『脳』が創り出している ものになります。 つまり、もし仮にうつ病が『こころ』や『精神』 の病気であるとすれば、それは、それらを作り 出している『脳』の病気ということになります。 私たちの体は、脳からの指令・信号によって うまく機能します。もし脳からの信号がうまく 伝わらなければ、私たちの体はうまく機能 しません。 この脳からの信号がうまく体に伝わらず非常に アンバランスになっている状態がうつ病です。 その脳の働きに大きく関係している信号には  ● ドーパミン  ● セロトニン  ● ノルアドレナリン  ● エンドルフィン などと呼ばれる、約50種類の脳内神経伝達物質 があります これらの脳内神経伝達物質の発信と受信がうまく いっていないと、例えば、やる気が出ないとか 気分が憂うつだとかという、さまざまな支障が 現れてきます。これらがうつ病の症状なのです。 セロトニンをはじめとする脳内神経伝達物質が 脳内に十分に維持されて、信号の伝達がスムーズ に行けば、うつ病などというバランスが崩れた 状態にはならないのです。 そしてその脳の栄養はじめ脳の形成に欠かせない のが食べ物です。私たちのうつ病克服法は、 食べ物を見直してうつ病を根本的に克服する という方法です。 「脳」や「内臓」を含め、私たちの体を作って いる“食べ物”を見直すことで、うつ病は根本的 に克服することができるのです。 体が変われば、こころも変わります。体が軽く なれば、こころも軽くなります。私たちの 「こころ」を作っているのは、私たちの体(脳) です。 体(脳)を作っている“食べ物”を変えれば うつ病は根本的に克服することができます。 うつ病は、『こころ』の病気ではなく『脳』 の病気なのです。 http://www.infocart.jp/e/52177/151206/ ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       荒木式うつ病克服プログラムの一部ご紹介 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★  ■ うつ病とうつ状態は違います。  ■ うつ病には具体的に8つの症状があります    まずは、これらの症状について一つ一つ    認識しましょう。  ■ 20世紀後半に生まれた人は、それ以前に    生まれた人より うつ病を発症しやすい    という傾向があります。    その理由を、私たちのクリニックがある    兵庫県を例に挙げて解説します。  ■ 一般的にうつ病の原因には、社会環境    対人関係、職場・学校・家庭環境の変化    に影響していると言われています。    しかし、実は、それらは根本的な原因では    ありません。その理由を、近代劇的に変化    した“食べ物”という観点から解説します  ■ アメリカの統計によると、糖質・炭水化物    の消費量が増えるとともに、うつ病患者の    数も増えるというデータがあります。    驚くべき調査結果とともにその真偽を実証    します。  ■ アメリカの研究グループによる、世界6ヶ    国を対象とした「うつ病の発症」と    「糖質の消費量」との関係についての    調査結果を公開します。  ■ サウスウエスタン大学のウエストオーバー    医師が、砂糖の消費量とうつ病の広がりに    は密接な関係があると結論付けています。    その詳細を分かりやすく解き明かします。  ■ 食べ物がうつ病の根本的な原因である    ことが分かれば、あなたのうつ病も最も    短期間で効果的に改善することが可能です http://www.infocart.jp/e/52177/151206/ ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━               最後に… ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★ 今までに、薬物療法や心理療法など、さまざまな 治療法を試されてきたと思います。 一時的に良くなる事はあっても、多くの方が なかなかうつ病を根本的に克服できていな かったり、繰り返し再発してしまっていたり します。 でも、うつ病は必ず克服することができます。 人間の体を作っている“食べ物”を変えて うつ病の根源となっている“糖質”を断ち、 うつ病に大きく関係しているセロトニンやドーパ ミンなどの脳内神経伝達物資を作る材料を十分に 摂取することによって、うつ病は根本的に克服 することができます。 この方法で、うつ病を克服すれば、再発の可能性 も限りなく低くすることができます。 もし、あなたが今までにあらゆる治療法を試した けれど、なかなかうつ病を根本的に克服すること ができていないのであれば、 ぜひ、私たちの『うつ病克服プログラム』を お試しください。 http://www.infocart.jp/e/52177/151206/

闘病 うつ病 統合失調症 障害年金2級 お金の心配から開放 堂々と療養に専念

3年以上統合失調症で大量の精神安定剤飲んでる私が直ぐに買えっていうノウハウですが・・・ もしかしたら、障害年金貰えるかもしれませんので、確認オススメです。 株式会社いろは堂の塚田です。     このたび、 日ごろ販売促進にご助力頂いている、下記商材に、   『3つの特典』を追加させて頂くことになりました。